クレジット現金化業者の広告は信用できる!?

広告は信用できるのか?

クレジット現金化業界に限らず、どの業種でも集客のための広告は重要なものになります。
広告がなければ、集客が難しくなります。
現金化業界は、世間から見る目は厳しく、グレーな方法としてみられているため通常の広告は出せなくなっています。
一昔前までは、駅や駅周辺で「クレジットカード現金化」の看板をよく目にしましたが現在はありません。
そのため、比較的広告審査が緩い紙媒体(新聞や雑誌)やインターネット上で自社作成した比較サイトなどを通じて集客をしているのが現状でもあります。
では、クレジットカード現金化業者が掲載されている広告は信用できるのかどうか教えます!!

現金化業者の広告を信用してはいけない!!

次に何で現金化業者の広告を信用してはいけないのか説明します。
それは現金化業者のほとんどが悪徳業者だからです。
他のページでも紹介していますが、クレジット現金化業者のなかでも優良店は、ごく一部しかありません。
そのため、露出度の高い現金化業者を選んだとしても、必ずしも優良店とは言えません。
悪徳業者は、優良店と見せかけるためにホームページや広告内容に良いことばかり記載しています!
例えば、「最高換金率95%」や「最短5分で振込み完了」などと利用者にとっては良いことばかり記載しています!!
これはあくまでも、集客をしやすくしているだけであって、実際に利用してみると違うケースがほとんどです。
初めてクレジットカード現金化を利用する人は分からない方が多いと思いますが、これが現金化業者の実態でもありますので注意も必要となってきます。
今回はこのような説明をしていますが、実際に優良店もあります。
では、どのようにすれば優良業者か悪徳業者か見分けることができるのでしょうか?
正直言って、サイトを見たり、広告をみただけでは見極めることはできません。
ですので、実際に利用しようと思う現金化業者を選び、申し込みする前に一度電話で問い合わせをすることをオススメします。
そこでご自身が納得できるような回答があれば利用するべきです。
ただし、現金化業者は色々な理由をつけ言葉巧みに攻めてきますので、騙されないようにしましょう!!

クレジット現金化の広告・アドワーズ(Google AdWords)スポンサードサーチ(Yahoo! JAPAN)はどうなの?

以前から現金化業者の広告でYahooやGoogleのリスティング広告が目立ちます。
こちらの広告を出すには、YahooとGoogleでの色々な審査があります。
その審査をかいくぐって、ようやくリスティング広告が始められます。
現在は、Yahooのスポンサードサーチは厳しい審査があります。
また、身分証を提出しなければなりませんので、色々な不便なてんがあります。
Googleは、Yahooと違い何とかうまく審査を通すことができるので、現金化業者はアドワーズ広告を多くだしていると思われます。

アドワーズやスポンサードサーチに出ている広告は安心して利用できる店舗と思っているかもしれませんが、そうではありません。
もちろん優良業者がリスティング広告を出していますが、悪徳業者もリスティング広告を出しているのです。
クレジット現金化業者の比較サイトや口コミサイトなどと一緒で、リスティング広告を出せるようにサイトを作っているだけの業者が多くいます。
良い謳い文句の広告で集客し、実際には低い換金率で手続きをする悪徳業者が存在します。

広告に記載されていたからといって安心して利用できないのがクレジット現金化です。
クレジットカード現金化業者を利用する際は、良く考えて利用する店舗選びは慎重にしましょう!